ホーム > フコク生命について > お知らせ > イクボス企業同盟に加盟

イクボス企業同盟に加盟

当社は、特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン(代表理事 安藤哲也)が設立した「イクボス企業同盟」に加盟しています。「イクボス企業同盟」とは、女性活躍推進やイクメンなど社員が多様化する時代において、「イクボス」の必要性を認識し、積極的に自社の管理職の意識改革を行って、新しい時代の上司(イクボス)を育てていこうとする企業ネットワークです。この加盟により、管理職層からワークライフバランスを尊重した職場風土の醸成を進めていきます。

※イクボスとは・・・
職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績の結果も出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことが出来る上司(経営者・管理職)のこと。
男性管理職に限らず女性管理職も含みます。

【調印式の写真】
  
 


■加盟にあたってのコメント
富国生命では、さまざまな個性や違いをもつ職員一人ひとりが最大限の力を発揮し、いきいきと働ける環境作りが大切だと考えています。当社は2011年にはダイバーシティ推進室を創設し、障がい者雇用の促進、女性活躍推進や両立支援など、多様な人材が活躍できる職場作りに取り組んできました。
多様な人材が活躍できる職場作りには、まず部門トップが先導して、所属員のワークライフバランスを考え、その人のキャリアを応援しながら、業績の向上を推し進めていく必要があります。
本同盟への加盟を機に、「イクボス」の必要性を認識し、部門トップの考え方を変革し、ワークライフバランスを尊重した職場風土の醸成を進めていきます。