ホーム > 利益相反管理のための基本方針

利益相反管理のための基本方針

富国生命保険相互会社(以下「当社」といいます。)および当社グループ会社は、当社および当社グループ会社が行なう取引により、お客さまの利益が不当に害されることのないよう、適切な利益相反管理を行うため、本基本方針を定め、これを遵守してまいります。

1. 利益相反管理の対象となる会社の範囲

利益相反管理の対象となるのは、当社および次の当社グループ会社(以下「グループ会社」といいます。)です。

2. 利益相反のおそれのある取引の特定

当社およびグループ会社は、必要な情報を収集し、利益相反管理を必要とする利益相反のおそれのある取引(以下「対象取引」といいます。)を特定し、次のとおり分類して管理を行うものとします。

3. 利益相反管理の方法

当社およびグループ会社は、利益相反管理の方法として次に掲げる方法その他の方法を適宜選択し、またはそれらを組み合わせることにより、お客さまの保護を適正に行います。

4. 利益相反管理態勢

当社は、当社およびグループ会社の利益相反管理を統括するための部署およびその責任者(利益相反管理統括者)を設置し、必要な規程の制定を行い適切な利益相反管理を行うものとします。

○「利益相反のおそれのある取引」の主な取引事例
・保険契約者の利益を踏まえて運用部門が行う投資先企業の選定や株主議決権の行使にあたり、運用部門以外の意向が優先される場合
・一つの特別勘定と他の特別勘定との間で取引を行う場合
・有価証券に係るお客さまの潜在的な取引情報を知りながら、当該有価証券について取引を行う場合
※利益相反のおそれのある取引に該当する保険営業活動上のコンプラアインス違反は、法令等遵守態勢の中で適切な管理を行っています。

(C)1976,2013 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL NO. G541440