ホーム > 保険をご検討中のお客さま > 企業・団体向け商品 > 団体年金特別勘定 > SRIファンド

SRIファンド

フコク生命では、団体年金「特別勘定特約」投資対象別口の3つ目の円貨建株式口として、生命保険会社では初めてのSRIファンドである「円貨建株式口C」を設定しました。

SRIとは

Socially Responsible Investmentの略語であり、日本においては一般的に「社会的責任投資」と呼ばれています。SRIは、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility=CSR)を環境・社会・ガバナンス(Environment, Social, corporate Governance=ESG)という軸で評価して運用を行う投資手法です。
企業が社会的責任を果たすことは、「成長機会の創出」「事業の社会的・経済的な長期安定」に通じた、企業競争力の向上につながると考えられています。

フコク生命のSRI投資哲学

社会的責任を果たすことにより、持続的に成長する可能性が高いと考えられる企業に投資します。
「最も着実な成長を期待できる企業は、社会的責任を果たすことにより、持続可能な経済の成長を推進する企業」との考えに基づき、環境・社会・ガバナンス・財務の視点から調査・分析し投資します。

フコク生命の考える優れた企業とは

企業価値を高め持続的な発展を遂げるために、単に経済的価値の増加のみを目指すのではなく、企業活動に関連したステークホルダー(利害関係人)との良好な関係を考慮しつつ、財務面を含め、CSRの全ての面でバランスの取れた経営を実践している企業です。
こうした企業は、質の高いマネジメントシステムを構築しています。そのような企業を見つけ出すためにボトムアップアプローチによる企業価値評価が必要だと考えています。

運用の特徴

独自基準によるCSR評価
  • 富国生命投資顧問(株)独自の評価基準により、CSR評価を行います。
SRIアナリストおよびファンドマネージャーによる個別銘柄調査
  • 環境・社会・ガバナンス面の評価の一環として、SRIアナリストおよびファンドマネージャーが個別企業の訪問調査を行います。
富国生命投資顧問(株)アナリストのリサーチ実績の活用
  • CSR評価に加えて、富国生命投資顧問(株)のファンダメンタルズアナリストの財務評価を活用します。

ポートフォリオ構築プロセス

CSR面と財務面の両面を評価し、CSR評価が高く、かつ投資価値が高いと判断する「優れた企業」に投資します。

特別勘定特約についてのご確認事項

SRIファンドについて
本商品は、合同運用である特別勘定特約(投資対象別の円貨建株式口)の1つとして、既存の円貨建株式口(A【アクティブ】、B【パッシブ】)に呼応してC【SRI】の名称で発売いたしました。
なお、SRI運用は、他の円貨建株式運用(アクティブおよびパッシブ運用等)に対して、収益面において必ずしも上回ることをお約束するものではありません。相場環境によっては、既存の円貨建株式口(アクティブ口やパッシブ口)の実績を下回る可能性があります。

(C)1976,2013 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL NO. G541440