ホーム > 社員配当金


社員配当金について

フコク生命の配当に関する取組み

相互会社である当社は、安定した利益と強固な財務基盤を確保したうえで配当還元の充実を図っております。
平成28年度決算にもとづく個人保険の社員配当金につきましては、剰余への貢献が大きい死亡保障契約および医療保障契約に対して増配を行い※1、財形保険、財形年金保険および団体年金保険につきましては、利差益およびキャピタル損益の減少をふまえ減配を行うことといたしました。基礎利益に対する社員配当準備金繰入額の割合は、前年度と同程度の約4割となります。
今後とも、ご契約者の配当に対するご期待に応えられるよう、自己資本強化とのバランスをみながら、配当還元のさら なる充実に努めてまいります。

(※1)更新前の死亡保障契約ならびに、5年ごと配当タイプおよび5年ごと利差配当タイプの医療保険のうち入院給付金のお支払いがないご契約に対して、増配を行うことといたしました。


(※2)平成28年度の基礎利益に対する社員配当準備金繰入額の割合は、38.9%となりました。
       社員配当準備金繰入額(345億円)÷  基礎利益(889億円)=38.9%

社員配当金の仕組み

保険料は一般的に予定利率・予定死亡率・予定事業費率という3つの予定率にもとづいて計算され、毎年の決算において予定と実績の間に差益(剰余金)が生じた場合に、社員配当金としてご契約者に還元します。社員配当金は、ご加入時期やご契約内容などにより異なり、また実績によって変動(増減)し、ゼロとなることもあります。

(※3)5年間の配当を合算し、これに利息を加えた合計額をご契約後6年目から5年ごとにお支払いします。ただし合計額がマイナスの場合はゼロとします。平成29年度は、平成9年度、14年度、19年度および24年度にご加入の契約が5年ごとの配当金の支払時期に該当します。支払時期に該当しないご契約につきましても、本増配は5年ごとの配当金に反映されます。

(C)1976,2013 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL NO. G541440

今加入している保険は、
今のあなたに
ですか?

あなたにとって保険がいつまでも安心できる存在であるよう、今加入している保険を見直してみませんか?