すべてはお客さまの信頼に答えるために。

生命保険会社がお客さまに提供する価値とは、万が一の時に保険金や給付金をお支払いする「約束」です。生命保険は、お客さまの一生涯にわたる、さらには世代を超える約束であり、終わりのない仕事です。長い年月の間には、経済環境の激変や大災害といった出来事が起きるかもしれません。そのようなときにこそ、生命保険の役割はいっそう重要になります。いかなるときでも「約束」を守る、この揺るぎない信頼があってはじめてお客さまは安心できます。生命保険会社は、この信頼にずっと応え続けなければなりません。

下へ

私たちフコク生命が「相互会社」にこだわる理由。

相互会社とは、保険会社にのみ認められた株主がいない会社形態であり、相互扶助の精神から生まれたご契約者を中心とする組織です。相互会社のご契約者は一般的に「社員」と呼ばれ、利益が出たらそれを配当金として社員にお返しして、保障のための実質的な費用負担をできるだけ軽減します。 生命保険会社は、保険契約の特性にあわせて長期の観点から経営を行います。何十年も先を見据えてご契約者の利益を考える相互会社の経営は、短期の利益を追求しない堅実な企業文化を育み、安定した利益と強固な財務基盤をもたらします。

続きを読む

私たちフコク生命が「相互会社」にこだわる理由。
終わりのない仕事をする生命保険会社にとって、将来にわたって社会に価値を提供し続けることは最大の使命であり、相互会社という会社形態はそれに適していると考えます。

戻る

下へ

配当金の充実を通じてご契約者の費用負担を軽減したい。

フコク生命には、配当金の充実を通じてご契約者の実質的な費用負担を軽減してきた長い歴史がありますが、逆ざやによってそれが十分にできなかった時期がありました。バブル期にかけて当時の高金利を保険料に反映しましたが、このことがバブル崩壊後の約20年間にわたって逆ざやをもたらしました。当時は合理的と考えられた保険料の設定であっても、社会や経済に構造的な変化が生じて、現実はそれと大きくかけ離れたものとなったのです。保険料の設定は慎重に行わなければなりません。

続きを読む

配当金の充実を通じてご契約者の費用負担を軽減したい。

いかなる企業も最高の商品やサービスをできるだけ安い価格でお客さまに提供したいと考えます。フコク生命はそれを配当によって実現します。配当金の充実を通じて、実質的な費用負担をできるだけ軽減して、ご契約者に良質な保障とサービスを提供します。社会や経済に構造的な変化が起きたら配当を調整することで健全性を維持し、ご契約者の信頼に応え続けます。

戻る

続きを読む

下へ

下へ