環境保護への取組み

主な取組み

  • 「フコク生命(いのち)の森」プロジェクト ~「宇佐美倶楽部」の活動
  • フコク・クリーン倶楽部(FCC)活動
  • 環境に配慮した大阪富国生命ビル

「フコク生命(いのち)の森」プロジェクト~「宇佐美倶楽部」の活動

2006年度より、環境保護活動に参加・体験することのできる場として「竹害対策」を主とした「フコク生命(いのち)の森」プロジェクトを行っております。現在、後継者不足などで、人の手が入らなくなった放置林が増えています。中でも繁殖力の強い孟宗竹(もうそうちく)の放置林は、温室効果ガスの一つであるCO2の吸着に必要な森林を侵食していくだけでなく、農耕地への侵入などの悪影響を引き起こしています。また、根の浅い竹林は地すべりや表土の流失の原因ともなり、山林の荒廃や土砂崩れなどの災害の原因ともなります。これを「竹害」と言い、自然環境の保全や災害対策が必要となってきています。

「フコク生命(いのち)の森」プロジェクトは、当社が静岡県伊東市宇佐美に保有する山林を保全するため、竹林伐採を当社役職員の手によって行う活動です。森の再生だけでなく、間伐により竹林自体も健全な状態に戻していくことを目標とし、社内の有志により組織された「宇佐美倶楽部」が中心となって進められています。(2020年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により活動休止)

フコク・クリーン倶楽部(FCC)活動

2006年1月より千葉ニュータウン本社勤務者により、最寄駅「北総鉄道 千葉ニュータウン中央駅」の駅前清掃活動を行っております。毎月、千葉ニュータウン本社勤務者による有志の団体「フコク・クリーン倶楽部(FCC)」により活動が行われております。

環境保護に配慮した大阪富国生命ビル、札幌フコク生命越山ビル

2010年にオープンした大阪富国生命ビルは、屋上・敷地内への緑地の確保、環境保護に配慮した空調システムの導入、電気エネルギー削減の工夫など、地球環境の改善に取り組んでおります。こうした取組みが高く評価され、大阪市建築物総合環境評価制度において、「第5回顕彰建築物 CASBEE大阪 OF THE YEAR2010」の表彰を受けております。

また、札幌フコク生命越山ビルが2017年1月31日に竣工を迎え、同年3月4日に商業ゾーン「Sitatte sapporo(シタッテサッポロ)」がオープンしました。同ビルは、米国の環境性能評価システムLEEDにおいて札幌では初となるゴールド認証、DBJのGreen Building認証制度において4つ星認証を取得しており、省エネや環境保護に配慮したオフィスビルとして評価を受けております。

(C)1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G592282