総代選出

総代選出について

総代の定数

当社では定款において総代の定数を120名、任期を4年(重任限度は4期8年)と定めています。当社の社員数は約175万人ですが、総代定数の120名は、幅広い社員のご意思が経営に反映されるよう総代の地域・職業・年齢・性別などの分散をはかるうえで十分であるとともに、事業活動の報告や議案の内容を審議・決議するには適正な人数であると考えています。
なお、総代は各都道府県ごとにその社員数に応じて選出しますが、原則として各都道府県から最低でも1名を選出することとしています。

総代の選出方法

当社の総代の選出は、総代候補者選考委員会が総代候補者を推薦し、この総代候補者に対して全社員による社員投票(信任投票)を行い確定する方法を採用しています。
具体的には、以下の方法で選出されます。
まず、総代会において総代候補者選考委員が選任されます。定員は12名以内です。この総代候補者選考委員で構成された総代候補者選考委員会は、総代候補者選考基準にもとづき社員のご意思が反映されるよう、幅広い社員層から総代候補者を選考します。次に、推薦に関する公告を行い、推薦された個々の総代候補者に対して社員が社員投票(信任投票)を行います。各候補者は、総代として選出に同意しないとする投票数が社員投票の権利を有する社員の10分の1に達しない場合、総代として確定します。また、総代候補者選考委員会事務局の事務局長を社外の方から選任することなどにより、総代選出プロセスについて会社からの独立性を確保しています。
当社では、総代の立候補制度は採用しておりませんが、以上の方法により、地域・職業・年齢・性別などの分散がはかられた幅広い層から、社員の代表としてふさわしい総代が選出されると考えています。

(C)1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G592282