一生涯受け取れる認知症重点プラン ずっとあんしんケアダブル | フコク生命

一生涯受け取れる認知症重点プラン ずっとあんしんケアダブル

対象年齢:50歳~70歳

ご自身と大切なご家族を
守るための保険です。

人生100年時代…だからこそ考えてほしいことがあります。

データで見る認知症と介護の現状

  • 介護理由 1位 認知症 今の時代、介護が必要となった原因の1位が認知症となっています。
  • 介護費用 約1.40倍 認知症による介護費用は、病気・ケガ・老化などによる介護費用の約1.40倍の金額となっています。
  • 必要費用 年間93.6万円 介護費用は平均で年額約93.6万円かかります。
  • 精神的不安 67.9% 介護に対する不安は、経済的なことよりも、介護するご家族の肉体的・精神的負担が、67.9%とトップです。

一生涯受け取れる認知症重点プラン ずっとあんしんケアダブル Wの“あんしん”

  • あんしん 1

    要介護状態で年金を
    一生涯お支払い

    公的介護保険制度の
    要介護2以上と認定されたとき、
    または
    所定の要介護状態が継続したとき、
    介護に必要な費用を年金で
    一生涯お支払いします

  • あんしん 2

    重度の認知症で加算

    所定の重度認知症に該当した場合
    年金額を加算してお支払いします

    ※ 加算額は年金年額の50%です。

一生涯受け取れる認知症重点プラン ずっとあんしんケアダブルに付加できる特約

  • 介護保障特約
    〈有期型〉

    お支払いイメージ 特約保険金額が100万円の場合

    • 要介護1と認定された場合 軽度介護給付金 一時金10万円
    • 公的介護保険制度の要介護2以上に認定 介護保険金 一時金100万円
  • 保険料払込
    免除特約

    以下の8つの場合、
    それ以後の保険料の払込みが
    不要となる特約です

    1 がん(悪性新生物) 2 急性心筋梗塞 3 脳卒中 4 糖尿病 5 高血圧症 6 慢性腎不全 7 肝硬変 8 移植術

    保険料払込免除特約の付加の有無にかかわらず、「所定の状態」のときにも、以後の保険料の払込みは不要となります。

    • 所定の要介護状態
    • 所定の高度障害状態
    • 所定の身体障害の状態

    がん(悪性新生物)において、責任開始日から、90日以内に診断確定された乳がんについては対象になりません。

それぞれの事由については、所定の条件があります。詳細は、「ご契約のしおりー定款・約款」をご確認ください。

一生涯受け取れる認知症重点プラン ずっとあんしんケアダブルにパックできる保険

  • 病気やケガに備えられる
    医療保険

    8大疾病をしっかり保証 医療大臣プレミアエイト 日帰り入院から 通算1,095日まで保障!!

ご契約者さまを対象とした特典があります

シニアの方や持病がある方のためのサービス セコムみまもりホンのご案内

通話機能付救急発信機“セコムみまもりホン”

“セコムみまもりホン”のサービスの特長

  • 特長1

    救急通報もしものときも、安心。

    急に具合が悪くなったときなど、専用端末の救急ブザー用ストラップを引っぱるだけで、セコムに救急通報できます。セコムがお客さまにお電話し、状況に応じて119番通報。
    緊急対処員が駆けつけ、適切に対応します。また、「救急情報」のお預かりや、セコムの看護師への電話健康相談などもできます。

  • 特長2

    安否確認様子がわかって、安心。

    セコムみまもりホンに定期的に表示される「元気にしてます」ボタンなどを押すと、離れて暮らすご家族にボタン操作の結果がメールで届きます。
    病気で寝込んでしまうなどボタンを押せないと、ご家族に「操作なし」のメールが届くため、連絡するなどの対応ができます。

セコム株式会社
お問い合わせ先

0120-580-756

受付時間9:00~18:00(年末年始を除く)

フコク生命の契約者であることを必ずお伝えください。
(お伝えいただかないと特典を受けられません。)

  • このサービスのご契約、お問い合わせに関しては、フコク生命の契約者であることを必ずお伝えください。

  • このサービスは、セコム株式会社が提供するサービスです。ご利用にあたり実際に提供されるサービスについては、フコク生命は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

  • このご案内は、2019年10月現在のものであり、予告なく変更・終了する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あんしんケアダブル解説動画

フコク生命の「未来のとびら」に介護と認知症にダブルに備える新特約「あんしんケアダブル」が登場しました。・・おや、エジプトの壁画が話し出す?!

※所定の重度認知症とは?

「重度認知症」とは次の(1)および(2)のいずれにも該当するものをいいます。

  • (1)医師の資格を持つ者により器質性認知症と診断確定され、意識障害のない状態において見当識障害があること。
  • (2)次の①から③までのいずれかに該当すること。
    • 「認知症高齢者の日常生活自立度判定基準」(注)にもとづく認知症の程度がⅢ、ⅣまたはMのいずれかであると医師の資格を持つ者により判定されていること。
    • 民法に定める後見開始の審判を受けていること。
    • 被保険者を委任者とする任意後見契約について、家庭裁判所により任意後見監督人が選任されたことにより、その任意後見契約の効力が生じていること。

(注)<認知症高齢者の日常生活自立度判定基準>

※所定の要介護状態とは?

次のいずれかに該当したことが医師により診断確定されたときのことをいいます。

  • 所定の認知症による要介護状態に該当し、その要介護状態が該当した日から起算して継続して90日あること。
  • 所定の寝たきりによる要介護状態に該当し、その要介護状態が該当した日から起算して継続して180日あること。

詳細は「ご契約のしおり一定款・約款」をご確認ください。

要介護認定の目安

公的介護保険制度における要介護認定の目安

生命保険のお手続きやご契約に関する照会先
フコク生命お客さまセンター

0120-259-817
受付時間 平日9:00~17:00
(12/30~1/3を除く)

【出典】

  • ※1厚生労働省:平成28年 国民生活基礎調査(熊本県を除いたデータ)
  • ※2厚生労働科学研究費補助金(認知症対策総合研究事業)
  • ※3生命保険文化センター:平成30年度 生命保険に関する国際実態調査
  • ※4生命保険文化センター:平成28年度 生活保障に関する調査

★【介護サービス利用料 試算条件】要介護2(単価)

  • 訪問看護(20分以上30分未満)
    → 1回:4,670円

    訪問介護(30分以上1時間未満)
    → 1回:3,940円
  • ショートステイ(福祉施設)
    → 1日 7,900円

    滞在・食事代
    → 1日2,500円(実費)
  • デイサービス(通所介護)(8時間以上9時間未満)
    → 1日7,750円

生命保険文化センター:介護保障ガイド(2018年8月改訂)より

  • このページは商品の概要や代表事例を示しており、支払事由や制限事項のすべてを記載したものではありません。
  • ご検討にあたっては「保険設計書(契約概要)」「特に重要な事項のお知らせ(注意喚起情報)」「ご契約のしおり―定款・約款」を必ずご確認ください。