事例2 告知義務違反による解除

契約または復活の際には、現在の健康状態や職業・過去の病歴・身体の障がい状態などについて、被保険者ご自身に正確に告知していただく必要があります。(告知義務)

契約の際に、故意または重大な過失によって事実を告知されなかったり、事実と違うことを告知された場合、責任開始日(復活の場合は復活日)から2年以内であれば、契約が解除となり、保険金・給付金などのお支払い、または保険料の払込免除の取扱いができないことがあります。
なお、責任開始日から2年を経過していても、保険金・給付金などの支払事由が責任開始期より2年以内に発生していた場合には、契約を解除することがあります。

ただし、保険金・給付金などの支払事由の発生が解除の原因となった事由によらない場合には、保険金・給付金などをお支払いします。

お支払いする場合

契約加入前の「高血圧」での通院について、告知書で正しく告知し、ご加入から1年後に「高血圧」と因果関係のある「脳卒中」で死亡されたとき

お支払いできない場合

契約加入前の「慢性C型肝炎」での通院について、告知書で正しく告知せずにご加入し、ご加入から1年後に「慢性C型肝炎」を原因とする「肝臓がん」で死亡されたとき

ご注意

生命保険募集人(募集代理店を含みます。)に口頭でお話しされただけでは告知したことにはならず、告知義務違反で契約が解除となる場合があります。契約または復活の際の告知事項については、必ず正確に告知していただきますようお願いします。

冊子ダウンロード

こちらの冊子では、個人保険に関してご説明しております。団体保険につきましては、以下をご覧ください。

(C)1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G592282