事例3 重大な過失などによる免責

保険金・給付金の支払事由が発生していても、被保険者の重大な過失などによるものである場合には、災害死亡保険金などはお支払いできません。

災害死亡保険金の場合

お支払いする場合

被保険者の不注意
被保険者が居眠り運転をして路肩に衝突し、死亡されたとき

お支払いできない場合

被保険者の重大な過失
被保険者が危険であることを認識できる状況で、高速道路を逆走して対向車と衝突して死亡されたとき

「重大な過失」とは、著しい不注意をいいます。重大な過失の判断は、客観的・一般的な角度から著しい不注意にあたるか否か、個別的な特殊事情があるかどうかなどを考慮しながら慎重に行います。

災害死亡保険金の免責事由には、以下の項目があります。

  • (1)契約者または被保険者の故意または重大な過失によるとき。
  • (2)受取人の故意または重大な過失によるとき。
  • (3)被保険者の犯罪行為によるとき。
  • (4)被保険者の精神障害または泥酔の状態を原因とする事故によるとき。
  • (5)被保険者が法令に定める運転資格を持たないで運転している間に生じた事故によるとき。
  • (6)被保険者が法令に定める酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故によるとき。
  • (7)地震、噴火または津波によるとき。
  • (8)戦争その他の変乱によるとき。
  • 保険金・給付金の種類により免責事由は異なります。詳しくは「ご契約のしおり-定款・約款」をご覧ください。

災害死亡保険金の免責事由に該当する場合でも、死亡保険金の免責事由※に該当しないときは、死亡保険金は支払対象になります。

  • (1)責任開始期(復活を含みます。)から所定の期間内の被保険者の自殺、(2)契約者または受取人の故意によって被保険者が死亡したとき。

冊子ダウンロード

こちらの冊子では、個人保険に関してご説明しております。団体保険につきましては、以下をご覧ください。

(C)1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G592282