ホーム > フコク経済情報 > マンスリーエコノミックレポート

フコク経済情報 マンスリーエコノミックレポート

2018年3月号のマンスリーエコノミックレポートをお届けします。

国内外経済の動向

好調を維持するフィリピン経済の展望

ポイント
  • 1.現状のフィリピン経済は、海外労働者からの送金を下支えとした堅調な個人消費を背景に好調を維持している。
  • 2.ドゥテルテ大統領は、2018年から2022年までの中期計画「フィリピン開発計画」を発表しており、その中でインフラ投資を進める方針を明確にしている。
  • 3.インフラ投資に伴う財政悪化を回避するため、フィリピン政府は税制改革を進めており、所得税の減税と物品税等の増税を組み合わせることで歳入増加を図る方針である。
  • 4.計画が予定通りに進捗すれば、外国企業の投資増等を背景に、将来的に経済構造の変化が期待できるだろう。

アナリストの眼

広がりをみせるハイブリッド証券

  • 1.「ハイブリッド証券」は資本と負債の両方の特徴を併せ持つ。昨今、資本規制業種以外からの発行も増加傾向にある。
  • 2.事業法人がハイブリッド証券を発行する理由は資本性評価の取得にある。「資本性」は主に3つの点から評価される。
  • 3.投資家にとって高い利回りは魅力的だが、ハイブリッド証券特有のリスクを把握しておくことが重要である。


PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get Adobe Reader

(C)1976,2013 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL NO. G541440