ホーム > フコク経済情報 > マンスリーエコノミックレポート

フコク経済情報 マンスリーエコノミックレポート

2017年12月号のマンスリーエコノミックレポートをお届けします。

国内外経済の動向

経済構造改革に取り組むシンガポール

ポイント
  • 1.シンガポール経済はアジアの高成長の恩恵を享受し急成長を遂げてきたが、今後はこれまでのような成長を持続することは難しいだろう。
  • 2.シンガポールは外国人労働力を積極的に受け入れてきたが、急増する外国人に国民の不満が噴出、政府は外国人労働力の抑制に方針を転換した。シンガポールの生産年齢人口は2015年にピークを迎え、総人口も移民なしでは2031年には減少に転じると推計されており、人口増加を背景とした経済成長は今後難しいだろう。
  • 3.近年の成長戦略では技能の習得やイノベーションを通じて労働生産性の向上を図っている。
  • 4.シンガポールは政府系企業の存在が大きく、国内の中小企業は非効率のまま取り残されてきた。持続的な成長を達成するには、今後、中小企業がいかに生産性を向上できるかが焦点となるだろう。

アナリストの眼

仮想通貨の現状と今後の展望

  • 1.ビットコインの中核技術であるブロックチェーンは、信頼の限界を取り除くことで社会の構造を変える可能性を秘めている。
  • 2.ブロックチェーンは、止まることがなく、バックアップも必要なく、計算効率が極めて高く、画期的なコンピュータネットワークとしての期待も高い。
  • 3.仮想通貨は、既存の主要通貨と比較すると未成熟な点は多いが、将来性を期待して多くの企業が研究を行っており、多様な進化を遂げるのではないか。

PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。

Get Adobe Reader

(C)1976,2013 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL NO. G541440