ホーム > フコク生命について > 健全性・収益性について > 有価証券・不動産の含み損益

有価証券・不動産の含み損益

有価証券は8,086億円の含み益・不動産は1,159億円の含み益

含み損益とは、帳簿価額と時価との差額のことをいい、その値がプラスの場合、含み益といいます。また、逆にマイナスの場合、含み損といいます。
時価が帳簿価額を上回る場合に資産を時価で売却すれば、売却益が得られることから、有価証券と不動産の含み益は、様々なリスクに対する備えの機能を持つといえ、その一部はソルベンシー・マージン総額に算入されます。
平成29年度第1四半期末の当社の有価証券・不動産の含み損益は、有価証券が8,086億円の含み益、不動産が1,159億円の含み益となりました。

(単位:億円)

平成27年度末
差損益
平成28年度末
差損益
平成29年度
第1四半期末
差損益
有価証券合計 8,414 7,622 8,086

うち公社債 4,579 3,708 3,689
うち株式 2,372 2,847 3,205
うち外国証券 1,329 907 1,017
不動産(土地・借地権) 1,085 1,159 1,159
(注)
不動産の評価額は下記を基準に算定しています。
  • 平成27年度末
    不動産鑑定士による鑑定評価額、平成28年1月1日現在の公示地価および平成27年1月1日現在の路線価等
  • 平成28年度末
    不動産鑑定士による鑑定評価額、平成29年1月1日現在の公示地価および平成28年1月1日現在の路線価等
  • 平成29年度第1四半期末
    不動産鑑定士による鑑定評価額、平成29年1月1日現在の公示地価および平成28年1月1日現在の路線価等

(C)1976,2013 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL NO. G541440