保険料を払いすぎていませんか?

リスクに備えて、複数の保険に加入している方も多いのではないでしょうか?複数の保険に加入している場合、保障が重複していることも考えられますし、必要以上の保険料を払っている可能性もあります。複数の保険の内容を見直すことで、ムダを削減でき、保険料を抑えられるかもしれないので、複数の保険に加入している方は保険内容を見直してみましょう。

学資保険と生命保険にご加入の場合 ご契約内容によっては、保障を減額できる場合があります。

フコク生命のお客さまアドバイザーからのアドバイス

次長 砂畑 麻美(FP2級保有者)
※2018年7月現在

どのご家庭でも生命保険の保険料を抑えることができないかということについては関心があるかと思います。ただ、やみくもに保険料を下げるためだけに保障を減らしてしまうと、本来必要な保障額よりも少なくなってしまう危険性があります。そこで重要になるのが、備えたいリスクの優先度を考え、さらに現在の必要保障額を正確に算出しなおすことです。これにより、ご加入の保障の過不足が分かり、過剰であればその分を減額して、結果として保険料を抑えることができる可能性があります。特に複数の商品に加入されていたり、長期間見直しをしていない方などは、保険料を抑えることができる可能性があるかもしれません。

フコク生命は、「ライフコンパス」をお届けしています。

「ライフコンパス」とは、将来のリスクに対する備えについて、公的保障を含めた収支シミュレーションをもとに、わかりやすくお伝えするサービスです。
詳しくは、フコク生命お客さまセンターまでお問合わせください。

お電話でのお問合わせ先
(フコク生命お客さまセンター)

0120-259-817

受付時間
平日 9:00~17:00(12/30~1/3を除く)

ご来社希望の方

店舗案内

(登)D-27-63(H27.3.28)

(C)1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G592282