責任投資原則(PRI)活動について

責任投資原則(PRI)とは

責任投資原則(PRI, Principles for Responsible Investment)とは、国連より提唱された行動原則です。同原則では、持続可能な社会の実現を後押しするために、ESG(環境:Environment、社会:Social、企業統治:Governance)課題を投資の意思決定プロセスに組み込むことなどが示されています。なお、同原則は以下の6原則から構成されています。

PRIの6原則

  • 1私たちは、投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます。
  • 2私たちは、活動的な(株式)所有者になり、所有方針と所有慣習にESG課題を組み入れます。
  • 3私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます。
  • 4私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるように働きかけを行います。
  • 5私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために協働します。
  • 6私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。

※ESG課題とは

環境(Environment) 二酸化炭素排出などの地球温暖化、水不足・水質汚染、生物多様性、化学物質・廃棄物管理など
社会(Social) 人権問題、従業員の労働管理・安全衛生、製品・サービスの安全管理、地域社会に対する責任など
企業統治(Governance) 企業経営におけるガバナンス体制、コンプライアンス、適切な情報開示など

責任投資原則(PRI)への取組み

責任投資原則(PRI)の署名

当社は、国連の責任投資原則(PRI)の趣旨に賛同し、2016年3月21日に署名機関となりました。当該原則に則った投融資を行うことは、お客さまからお預かりしている大切な資金の収益性向上に資すると同時に、機関投資家としての責務をより一層果たしうるものと考えております。

ESG投融資に対する基本的な考え方

当社は、お客さまの利益を最優先とした資産運用を実践するとともに、生命保険業の公共性を踏まえ、資産運用を通じ社会的責任を果たしていくことに努めております。2016年3月には、責任投資原則(PRI)に署名し、受託者責任に反しない範囲において、投資の意思決定プロセスにESG課題を組み込んでいるほか、スチュワードシップ活動においても、ESG課題をテーマの一つとし、投資先企業との対話などに注力しております。今後も、責任投資原則(PRI)の署名機関として、収益性の確保という受託者責任を果たしつつ、持続可能な社会の実現への貢献を目指してまいります。

PRIの6原則 当社の取組み
1. 投資分析と意思決定のプロセスにおけるESG課題の組込み 「資産運用の基本原則」において、受託者責任に反しない範囲において、投資の意思決定プロセスにESG課題を組み込むこととしています。
2. 活動的な(株式)所有者としての所有方針と所有慣習へのESG課題の組入れ 「議決権行使についての方針」のもと、コーポレート・ガバナンスやコンプライアンスなどの観点を踏まえた議決権行使を行うこととしています。
3. 投資対象の主体に対しESG課題について適切な開示を求める スチュワードシップ活動において、対話のポイントとしてESG課題を組み入れ、投資先企業との対話に努めることとしています。
4. 資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかける ホームページなどを通じて当社における責任投資原則(PRI)に関する活動を紹介しています。
5. 本原則を実行する際の効果を高めるための協働 PRI署名企業が参集する会合に参加し、署名会社間の意見交換などを通じて、責任投資原則(PRI)に関する活動の推進を図っています。
6. 本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関する報告 責任投資原則(PRI)に関する活動状況については、ホームページなどにおいて、基本的な考え方や具体的な取組事例を公表しています。

ESG投融資手法および主な取組事例

テーマ型投融資

環境問題を含む社会的課題の解決につながるテーマを持った資産等への投融資に取り組んでおります。

グリーンボンドへの投資

<Munifinプロジェクト事例>
公共交通機関をバスから二酸化炭素排出量の少ないトラムライン(公共の路面電車)へ移行著作権:Munifin

温暖化対策や環境の維持・改善に資するプロジェクトなどの資金を調達するために発行される債券であるグリーンボンドへの投資を実施しております。
<主な事例>
・東京グリーンボンド
・フィンランド地方金融公社(Munifin)債券

ソーシャルボンド等への投資

<アフリカ開発銀行プロジェクト事例>
鉱物資源や一般貨物、旅客の効率的かつ環境に配慮した輸送を可能にする鉄道および港湾を建設著作権:アフリカ開発銀行

開発途上国の貧困削減、開発支援など社会的課題の解決に資するプロジェクトの資金を調達するため、主に国際機関より発行される債券への投資を実施しております。
<主な事例>
・アフリカ開発銀行債券
・アジア開発銀行債券
・国際開発協会債券
・国際協力機構債券

環境に配慮した不動産の取得

<札幌フコク生命越山ビル外観>

省エネルギーと環境に配慮した不動産投資を実施しております。
<主な事例>
・札幌フコク生命越山ビル
当ビルは、米国の環境性能評価システムLEEDにおいてゴールド認証、㈱日本政策投資銀行のGreen Building認証制度において4つ星認証、建築環境総合性能評価システム(CASBEE)においてCASBEE札幌Aランクをそれぞれ取得しています。

環境保護、持続可能な社会の実現への貢献に資するプロジェクトへの融資

再生可能エネルギーの普及・促進、高齢化社会への対応、地域社会への貢献などに資するプロジェクトへの融資を実施しております。
<主な事例>
・太陽光発電関連プロジェクト
・シニア向けマンション建設プロジェクト
・空港のコンセッション事業
※コンセッションとは、利用料金の徴収を行う公共施設について、施設の所有権を公共主体が有したまま、施設の運営権を民間事業者に設定する方式

株式リサーチへの組込み

国内株式投資に際しては、PRI署名機関でESG評価にかかる豊富なノウハウを有する子会社の富国生命投資顧問より提供されるESGスコアに基づくスクリーニングを実施しているほか、スチュワードシップ活動において把握したESG情報も投資判断の要素に含めております。

スチュワードシップ活動を通じた取組み

スチュワードシップ活動において、対話のポイントとしてESG課題を組み入れ、投資先企業との「目的を持った対話」(エンゲージメント)に努めているほか、コーポレート・ガバナンスやコンプライアンスなどの観点を踏まえた議決権行使を行っております。

フコク生命グループとしてのESG投融資の推進

当社は海外現地法人やPRI署名機関である富国生命投資顧問と連携し、フコク生命グループ一体となってESG投融資を推進しております。
<主な事例>
・富国生命投資顧問より提供されるESGスコアの国内株式投資への活用
・富国生命投資顧問が運用するアジア株ESGファンドへの投資
(同社が長年培ってきた国内株のESG評価に関するノウハウを活かし、アジア各地域企業のESG への取組みに着目したファンド)
・富国生命インターナショナル(英国)がアドバイザーを務めるESGファンドへの投資

Signatory of:PRI Principles for Responsible Investment

(C)1976, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G592282