ホーム > フコク生命について > フコク生命の取組み > 健康経営

健康経営

フコク生命「健康づくり」宣言

当社は役職嘱員の健康増進は人材育成である(「健康づくり」=「人づくり」)という考え方のもと、会社を挙げて健康保持・増進(健康経営)の取組みを進めることをここに宣言いたします。


●フコク生命健康づくり推進体制

『健康経営優良法人~ホワイト500~』に認定


平成30年2月20日に、経済産業省が日本健康会議と共同で主催する「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されました。今後も当社が創業以来培ってきた経営理念に基づき、役職員並びにその家族が一体となり自らの健康に心がけ、地域、社会に貢献できる健康的な経営を推進してまいります。

  • 【当社の主な取組み】
  • ●全従業員の定期健康診断の完全実施
    ●メリハリ休暇の推進
     -半期ごとに各2日の普通休暇の取得を推進するための制度を創設し、ワーク・ライフ・バランスの実現を
      目指す。
    ●総労働時間の縮減
     -働き方改革実現に向けたガイドラインを策定し、全社統一的に早帰りを目指す。
     -長時間労働を行っている従業員に対しては、産業医による面談や人事部からの指導等により、長時
      間労働の是正を図る。
    ●ストレスチェックや産業医・産業カウンセラーによるメンタル面のきめ細かなケア。

    富国生命健康保険組合とのコラボヘルス

    当社と富国生命健康保険組合が各々保有する従業員の健康情報を共同利用することで、より効率的かつ効果的な健康対策を実施できると考え、平成29年12月に富国生命健康保険組合との間で、健康情報の共同利用に関する覚書を取り交わしました。これをもとに双方がより連携を深めながら従業員の健康保持・増進に資する共同事業(コラボヘルス)を展開してまいります。

  • 【コラボヘルスの内容と共同利用する情報の範囲等】
  • ①健康結果及びリスク保有者データの共有による事後指導
    ②高リスク保有者に対する医療機関への受診勧奨
    ③健康関連情報の発信とインセンティブ事業

    ●従業員向けインセンティブ事業「フコク健康ポイント」の導入

    富国生命健康保険組合では、従業員に自分の健康をより意識してもらうため、平成30年5月より各自のスマートフォン等から利用する「健康増進プログラムサイト『フコク健康ポイント』を導入し、個々人に応じた健康情報の発信事業、並びに禁煙や運動・食事などの生活習慣の見直しや日々の歩数などに応じて商品交換可能な「健康ポイント」を付与するインセンティブ事業を開始しています。